ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

ノンシリコンシャンプーのおすすめ!

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

良質な洗浄剤はそもそもシリコンを必要としない

シリコンは脱脂力の強すぎるシャンプーで洗って、ごわついてしまった髪の手触りを良くする為に使われます。優しくマイルドに洗えるシャンプーであれば、シリコンは必要ではありません。

 

髪や地肌に優しいアミノ酸シャンプーの多くにシリコンが使われていないのは、シリコンがなくてもシャンプーで髪を傷める事がないからです。

 

ただ髪がひどく傷んでいる場合は、シリコン入りのシャンプーを使った方が、髪の摩擦を防げて良いケースもあります。

 

基本的には、ノンシリコンシャンプーを普段使っていると、トリートメントやコンディショナーの栄養分が髪に入りやすいので、より高い美髪効果を得られます。

ノンシリコンシャンプーランキング

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!
美髪効果が高い!
ノンシリコンシャンプーのおすすめランキング

 

ハーブガーデンさくらの森シャンプー

アミノ酸ノンシリコンさらさらハーブの香り

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!
ダメージ補修、髪の艶、パサつき解消、ハリ・コシ、べたつき解消、頭皮の臭い、抜け毛・育毛

生命力の強いハーブを使ったオーガニックシャンプー

国産の天然ハーブを煮出したハーブウォーターを使用したリッチなオーガニックシャンプー。天然のソープナッツエキスが泡を作り、ノンシリコンながら洗いやすく髪が滑らかに。

 

加齢臭や抜け毛予防などエイジングケアも出来る自然素材で出来たシャンプーです。

 

洗い流さないトリートメントとしても使えるコンディショナーとのセットで半額になるモニター価格がお得です。

 

コンディショナーもノンシリコン!ドライヤーの熱でダメージ補修が出来る!

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

 

 

リマーユシャンプー

アミノ酸ノンシリコンしっとり柑橘系の香り

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!
ダメージ補修、髪の艶、パサつき解消、ハリ・コシ、かゆみ・フケ

ダメージでパサついた髪を馬油がしっとり艶髪に

昔から傷の治療に使用されてきた馬油が髪のダメージに働きかけます。赤ちゃん用シャンプーに使用されるアミノ酸が主成分で髪の潤いを守り艶々の髪へ。

 

ひどくダメージが進んでしまった髪におすすめのシャンプーです。

 

超しっとり髪を目指したい方に

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

 

富士フィルムアスタリフトシャンプー

アミノ酸ノンシリコンしっとりフローラルの香り

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!
抜け毛・育毛、髪の艶、髪のパサつき解消、べたつき解消

髪の1本1本にハリを与えるアスタリフトシャンプー

富士フィルム独自の技術で成分をナノ化(極小化)し、保湿成分セラミドを髪の内部まで浸透。髪の毛にハリとコシを与えていきます。

 

髪の毛が太い方が使うとハリが出過ぎてしまう事があり、柔らかく細い毛の方に向いています。

 

気軽に試せるトライアルセットはこちら

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

 

ラフィーシャンプー

アミノ酸ノンシリコンさらさらフローラルの香り

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!
髪のパサつき解消

サロンでも使われているノンシリコンシャンプー

美容室での取り扱いもあるラフィーは、シャンプーの水に海洋深層水を使用しており、ミネラルが豊富。髪がしっとり潤います。

 

クセが無くどんな髪質でも使いやすいので、初めてノンシリコン・アミノ酸シャンプーを使う方におすすめです。

 

大容量でコスパ良し!1L入りで3か月(ロングの場合)〜半年使えます

ノンシリコンシャンプーのおすすめ*良質な洗浄剤にはシリコン不要!

 

ノンシリコンシャンプー=髪に良いシャンプーではないという話

美髪効果の高いノンシリコンシャンプーをご紹介しましたが、ノンシリコンシャンプー全てが髪に良いというわけではないので注意が必要です。

シリコンが不要なのはシャンプーの素材が良いから

冒頭でもお伝えしましたが、シリコンは基本的に髪の手触りを良くするものです。

 

市販で売られている多くのシャンプーの素材は、石油を原料とした刺激が強く洗浄力の高すぎるものが使われています。

 

洗浄力が強いので、シリコンを入れないと髪の潤いが奪われガサガサの髪になってしまうんですね。

 

しかしアミノ酸シャンプーのように、汚れは落としながらも髪の潤いを守る素材がメインの場合、シリコンは必要ありません。

素材が悪いのにノンシリコンのシャンプーも実在する

アミノ酸のようにマイルドに洗えるシャンプーであればシリコンは不要ですが、アミノ酸は原価が高いんですよね。

 

対して石油を原料としたシャンプーは原価が低く、市場に出回っている多くのシャンプーに使われています。

 

石油を原料としたシャンプーにシリコンが含まれているのは、強すぎる洗浄力のデメリットをカバーする為のもの。しかし「ノンシリコンシャンプー=髪に良い」というイメージが先行してしまって、石油系シャンプーなのにシリコンを入れず、ノンシリコンシャンプーとして発売されている商品もあります。

 

そういうシャンプーを使い続けると・・・

 

強い洗浄剤で髪の潤いを奪う + ノンシリコンなので髪はガサガサのまま剥き出し

 

と、こんな状態に。

 

シリコンは使い過ぎると、トリートメントなどに含まれる美容成分が髪に入りにくくなるので、出来るならノンシリコンシャンプーの方が良いのですが、石油系シャンプーのような洗浄力が強すぎるタイプの場合は、ノンシリコンよりもシリコン入りのシャンプーの方が、髪にとってはまだ良いのです。

 

ちなみに、石油系シャンプー(又は高級アルコール系シャンプーとも言います)の主な洗浄成分は次の通り

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEAなど

上記の成分が配合されているのに「ノンシリコンシャンプー」と売られている商品があったら、それは正直、良くないシャンプーです。

 

使用は避けるようにして下さいね。

 

髪に優しいアミノ酸が主成分!美髪効果の高いノンシリコンシャンプーランキングへ戻る→

 

シリコンに関する記事

シリコン悪説の原因は、赤いボトルの〇〇〇シャンプー


シャンプーの悪いシリコンと良いシリコンの違いって何?